科学新聞2014年12月5日

科学新聞12月5日(金)第3514号に”高騰を続ける学術電子ジャーナル「国家的規模の緊急事態」購読困難解消へ環境整備を、大学予算削減も追い打ち 物性グループが緊急アピール”が掲載されました。

http://sci-news.co.jp/news/高騰続ける学術電子ジャーナル 物性グループが/

科学新聞から掲載許諾を得た記事(PDF)

国立国会図書館カレントアウェアネス・ポータル

国立国会図書館のカレントアウェアネス・ポータルで物性物理学研究者の任意団体「物性グループ・物性委員会」が「電子ジャーナルへのアクセス環境の整備に関する緊急アピール」を発表が取り上げられました。

緊急アピール賛同メールをお寄せください

物性委員会では、賛同の輪が定量的に把握できるように、緊急アピールに賛同とコメントを受け付けるメールアドレスを開設しました。
次のメール例文を参照して、サポートの短信を送付して下さい。

件名:YES
宛先:UrgentAppealForEjournals<at>ml.osakafu-u.ac.jp
本文: (氏名) 物性 太郎(ブッセイ タロウ)
(所属;職名) 大学等機関名;職名
(コメント) ・・・・・・(記入して頂ける場合はよろしくお願い致します)
(連絡先) zzzzzyyyyyy.ac.jp

現在のYESメールは 847 件です(2015年5月11日 12:00現在)