大型研究計画に関するマスタープラン(マスタープラン2020)について のWG活動報告

マスタープラン2020に向けて物性コミュニティで情報交換する場を設定するため、神戸大学 播磨尚朝 教授を座長として、2018年にマスタープランワーキンググループ(WG)が発足しました。

2021年9月20日の拡大物性委員会にて播磨先生からWGの活動報告と提案についてご説明がありましたので、その際に紹介された資料を下記にアップロードいたします。

マスタープランWGの活動報告と提案 (PDF: 244 KB)

ご意見がございましたら物性グループ事務局 (office@bussei-group.org)まで、ご連絡いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

【WG活動の概要】
マスタープラン2020:
「第 24 期学術の大型施設計画・大規模研究計画に関するマスタープラン」
(日本学術会議 科学者委員会 研究計画・研究資金検討分科会) 

2018.3  マスタープランWG発足
2018.9.13 「物性研究の大型将来計画について」@阪大シグマホール
→参加者によるフィードバックが計画のブラッシュアップに貢献

2018.12.27 「物性研究に関連する大型将来計画について」@東大柏の葉キャンパス駅前サテライト

2019.2  大型計画研究の公募開始
2019.2.22    公開シンポジウム(於、日本学術会議)
物性物理学・一般物理学分野の展開と大型研究計画

2019.3    大型研究計画の公募締め切り
2019.6    大型研究計画の策定
2019.10  重点大型研究計画の策定
31件を重点大型計画研究に策定